今日の人気記事

トマト作りはこだわっています。

一気に春らしくなってきましたね。

畑の方も忙しくなってきました。

土をいじってると落ち着くんですよね。

滝行と違ってほんわかした感じ。

写真はトマトを植える小型のハウスを作っています。

ハウスと言っても雨と風避けと鳥に食べられないように囲いを作るんです。

ほんでトマトは水を与えずに育てていきます。

やっても週に1回やるかやらないか。下手したら2週間に一回ぐらい。

その方が糖度の高いトマトが育つんですよ。

この畝で22本植えるから、毎年のごとくトマトが大量に生産されます。

去年も患者さんにおすそ分けしたんですが、トマト!って感じのトマトで昔を思い出したというてもらえて嬉しかったなぁ。

食べたい人は「平野さん、トマトちょっとおくれやす」と声をかけてください。

The following two tabs change content below.
親父が北海道、オカンが九州の出身、京都で出会い、私が生まれ京都育ちですが京都人っぽくない沖縄の宮古島が大好きです。沖縄の人とよく間違えられます。

最新記事 by 平野 秀一 (全て見る)