膝の打撲

この一週間は忙しい

来週は・・・・暇・・・

FBにも連動してるけど、FBのページにブログの文章が全部載る。

ハイテクなもんは難しい・・・

顔pnenga_hanko.png

さてたまには仕事のブログでも書いてみます。

先日、いつも定期的にカラダを見させてもらっている女性が正月早々こけたと足を引きずってのご来院。

話を聞くと

歩いててこけて膝打った。

痛みが出だしたんは家に帰ってから(ランチしてお茶して買い物を普通にしてた)

帰宅後寝る前からしびれるように痛む。

それから足を引きずらないと痛い。曲げられない。洋式のトイレも痛くて・・・

回復するのは早い。いつもメンテンスしてくれて先生ありがとう。どういたしまして。

とあまり情報が得られずな感じでした。

触診 膝に腫れ。可動痛有(屈曲)歩行時痛み有。

視診 膝は軽度の屈曲位。伸ばせないという。 ビッコを引いている。

レントゲンも異常なし。シップはしてた。

打撲・骨折・捻挫などは私の施術の範囲でない旨を伝えたのですが、期待していますとの事で患部は触らず施術開始。 

いつものように足に触れ状態みて

婆ちゃんに『左膝ついて右手ついてこうコケたんちゃう?』実演してみたら

『そう!右手のかばんの柄がすれてたし、眼鏡も割れてないけど上に上がってましたわ』

『そうですか。膝は痛いけど他のといころも悪そうやしそっち施術しますね』と

 全身がちがちだったので、こけた時のこと話ながら左手に触れて、座位で右仙腸関節の調整して、D4あたりの圧縮を調整して立ってもらったら、少しは痛そうにしてたけど膝も伸びてたし終了。

着替えてもらったら『左のほうが楽に動くわ』と嬉しそうにスタスタと帰ってもらえた。

推測するに膝は打ったけど、瞬間的に右手ついてカラダ捻って仙腸関節の可動性が低下し、それをかばって左足によけい負担がかかったのかな?あとは整形でこの状態は3週間以上はかかるねと言われて踊りのは発表会を辞退せなあかん軽いストレスもあったのかな。←推測です。

なにはともあれ良くなって良かった!

おおきに!!

PS・年末にパーマをアテマシタ。誰も気がつかない・・・

肩こり・頭痛・生理痛は京都市 烏丸カイロプラクティックセンター

The following two tabs change content below.
親父が北海道、オカンが九州の出身、京都で出会い、私が生まれ京都育ちですが京都人っぽくない沖縄の宮古島が大好きです。沖縄の人とよく間違えられます。