Road to ONTAKE 2017

三連休は台風が接近して畑のことが心配ではありましたが、毎年恒例の御嶽山へ研修に行ってきました。

一昨年から始まったマニュアルメディスン研究会の合宿型の研修。

私が滝行を始めたきっかけになった研修です。

京都からは勉強仲間と一緒に木曽御岳まで5時間のドライブ。

途中楽しみはやっぱご当地ソフトですよね。

旅行には行きも帰りもソフトは欠かせません。

帰りの恵那峡のソフトクリームの方がコーンがワッフルなので私はお気に入り。

今年は去年とは時期が違ったし栗ソフトでした。

紳士淑女でワイワイガヤガヤと木曽御嶽へ向かい、なんか毎年のことで道が懐かしく感じますね。

毎年のごとく台風とか大荒れの鬱蒼とした木曽路を走るとあ〜また来れたなってちょっと感慨深いもんがありました。

着くなり行をする滝が封鎖されていて、まぁ実際は入れたのですが、女性が着替えるところが地震で崖崩れが起きて小屋がぶっ壊れていたので、違う滝場で着くなり滝行。

滝に入る時は危険を伴うので作法があるから、皆さんよりは少しだけ知っている私が先導させていただいたのですが、これがまた疲れるというか緊張するというか滝って水が流れてるもんに打たれるだけじゃなくて信仰のもんでもあるから、一人でやる場合よりも責任感みたいなんが生まれて、それが逆に上手くいかなかったりで、もしまた来年あるならもう少しやり方など簡単に伝えられればと思いました。

研修の内容はめちゃ面白くて素晴らしい内容でした。

体の使い方をはじめ、先生の家に代々伝わることを教えていただき、今日のブログも頭にペットボトルを乗せながら体の鍛練を行っています。

真面目に研修を受けつつ美味しいご飯に美味しいお酒で合宿型の研修は一年に一度の楽しみです。

いつものメンバーでいつもの研修ですが、道教に精通している先生も来られていていろんな意味で勉強になった研修でした。

最終日はみんなで御嶽神社に参拝して、棒術を習ったのでみんなで普段は売れないであろう山に登る時に使う棒を買いあさり、私自身も山に入る時に棒を使って行場まで行きたいと思います。

山の天気は変わりやすいと言いますが、登る時まで雨とガスで真っ白やった山が、参拝を終えて帰ってくると雲もガスも晴れ霊峰 御嶽山を拝むことができました。

神様がいるのかは不明ですが、毎度毎度、不思議な力を思い知らされる山ごもりでした。

帰りは渋滞もあり、21時に家に着きましたが、疲れてるのに寝ずに話を付き合ってくれたたくちゃんに女性陣に感謝です。

ご一緒した先生方、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
親父が北海道、オカンが九州の出身、京都で出会い、私が生まれ京都育ちですが京都人っぽくない沖縄の宮古島が大好きです。沖縄の人とよく間違えられます。