• HOME
  • 症例集
  • 頭痛
  • 動悸と頭痛とヘルニアに手足の冷えで悩むお母さんの症例のページ

No.001 動悸と頭痛とヘルニアに手足の冷えで悩むお母さんの症例

患者情報
30代
女性
会社員
初回来院
2016年01月
症状

・動くと動機がし始めると頭が痛くなり、息苦しい。
・椎間板ヘルニアによる腰痛(整形外科診断)
・寝汗がひどい・
・原因がわからないお腹の痛みと手足の冷え

治療内容と経過

初診時に動くと動機がし始めると頭が痛くなり、息苦しくてそれを一番なんとかしたいとおっしゃられていました。そして印象に残っているのが、「子供たちとまた走り遊びたいです・・」と静かに言われました。

あ〜これは責任が重大やなと思ったのを覚えています。

血液検査の数値は肝臓の問題が少しあるぐらいで後は問題なし。心電図も問題なし。と医療機関の検査でも問題がなく原因は不明ということで治療を受けさせていただきました。

1回目〜3回目までは集中的に治療をさせていただきました。

交感神経(興奮している時に働く神経)をリッラクスさせるため、迷走神経の抑制、帝王切開も数度されているので、癒着の問題、仙腸関節、横隔膜の調整を行いました。

治療後は体が重くなったり、臓器の痛み(本人判断)が悪化したりとしてましたが、副交感神経が働いている反応と考え、その旨を伝え様子を見ていただいていいました。

4回目 腰の痛みは調子も良く、動機は来院前よりは頻度も減り、頭痛もなし。下部胸椎の問題と呼吸に対しての調整、肝臓のポンピング(循環を改善)、心膜の治療を行いました。

5〜7回目(一週間に1回の治療)梅雨時期ということもあり、気圧や湿度の変化に体調を左右される日もあるようですが、概ね落ち着きを取り戻しつつあり、寝汗で起きることもなく、寝れるようになった。

治療としては引き続き肝臓、心膜調整と全身調整

8〜9回 動機と頭痛とも痛みは初期のことに比べると10→1か2ぐらい。治療は頭蓋を含めた全身調整

10回(初診より2ヶ月) 痛みでロキソニンも飲むことなく動機、頭痛ともに寛解。全身調整をおこない予後を見つつ月に1度の調整を続けているが、予後は良好です。

KIMG0422

同時に治療した症状

・椎間板ヘルニアによる腰痛(整形外科診断)
・寝汗がひどい・
・原因がわからないお腹の痛みと手足の冷え
・肩こり・背中の痛み

コメント

動悸の件で内科を受診したけれど、問題もなく、ただ肝臓の機能が低下しているぐらいで、腰痛に関しては椎間板ヘルニアと言われ、治療いう治療は受けられていません。

現代医療の数値や画像診断のみでの判断で原因がわからないので、手の施しようがないと言われ、途方にくれる患者さんの典型的な方でした。

身体調整だけでなく、栄養の指導も含めて、生活習慣の改善にも協力してもらえたので、治癒が早かったのではないでしょうか。

医療機関でも原因がわからない。

しかし医者は薬だけで痛みを抑えるような投薬を続ける。

それは治療といえるのでしょうか?

医療的な検査で問題がなく、でも体の症状は一向に改善しない。

そんな方は代替医療を頼ってもいいかもしれません。

何はともあれ「これで子供たちとまた一緒に走り回れます!」と笑顔で帰られた姿を見たときはうれしかったです。よかった!!!元気に遊びまわってくださいね〜

患者さんの声

このまま痛みと体と付き合っていくのかとあきらめかけていたのですが、回数をかさねて通っているうちにあちこちの痛みや症状が緩和されてきました。

とっても不思議ですが、体が回復しています(笑)

もう一度、子供達と走り回れそうです。ありがとうございます!

こちらもあわせてお読みください

「ホームページを見ました」とご予約ください。 TEL 0120-075-251 現在通われている方の施術プランを、第一に考えていますので、ご新規の方は1日/2名様までとさせていただいています。 〒600-8493 京都市下京区 郭巨山町19 相生ビル5F-B  受付10:00~19:30 休院 日曜・祝祭日・水曜16:00まで 阪急烏丸地下鉄四条徒歩5分
メール予約受付は24時間対応しています。 メールで予約する

ページトップに戻る