No.004 急性の腰痛と婦人科の問題

患者情報
20代
女性
美容師
初回来院
2016年05月
症状

腰の痛み
ぎっくり腰

治療内容と経過

年末の12月ごろから少しづつ腰が痛くなって、年が明けた頃には動けないとSOSをいただきました。

初診 動くのもやっとなので座位のみで治療
筋肉の緊張が強かったので、ゆったりとしたリズムで神経に対して抑制を変えていき、足首、膝関節の調整で腰の曲げ伸ばしが楽になったので、初診はそこで終了しました。

2回目(3日後)痛みはあるものの、動けるように朝起きた時の痛みがきになる様子です。
座位と立位で筋肉の調整をおこない、ベッドに横になってもらい調整をおこないました。

骨盤、内臓(肝臓とリンパの排液)を中心に治療

3回目(1週間後)痛みは曲げ伸ばしの時だけで、動けないほどではないということでした。
ベッドで通常の治療をおこない、前回に続きリンパの排液、肝臓の血液循環、骨盤と横隔膜(胸郭)の問題を調整。

4回目(1週間後)仕事の時に痛みを少し感じるぐらいで腰は随分と良くなったとおっしゃられていました。
副腎の問題とホルモンバランスの問題にアプローチ、子宮やそれに関係する靭帯や筋膜の調整、仙腸関節の治療。

5回目(1週間後)痛みはほぼなし。PMS、生理不順の問題に対しての相談と治療の継続をおこないました。
副腎やホルモンバランスの調整、頭蓋の調整、仙骨子宮靭帯へのアプローチ。

6回目(2週間後)腰は問題ない。PMSや生理不順は経過観察。
上記の治療に体腔内圧の調整と足部からの副腎への刺激。

7回目(2週間後)経過観察(生理はまだ来ない)
全身の調整(体循環、ホルモンバランス、構造的負担の軽減)

8回目(2週間後)生理が3ヶ月ぶりにくる。
全身の調整(体循環、ホルモンバランス、構造的負担の軽減)

9回目(3週間後)体調は良好。
全身の調整(体循環、ホルモンバランス、構造的負担の軽減)

10回目(1ヶ月後)体調は良好 生理は28日できた(若干の生理痛)
全身の調整(体循環、ホルモンバランス、構造的負担の軽減)

11回目(1ヶ月後)体調は良好 生理は通常通り(生理前のお腹の張り少し)
全身の調整(体循環、ホルモンバランス、構造的負担の軽減)
治療を終了。
IMG_6559

同時に治療した症状

PMS 
生理不順

コメント

急性の腰痛との訴えでしたが、徐々に痛みが増し動けなくなるほどの痛みで、問診と検査で慢性的な構造の負担、循環不全が問題で引き起こされた、慢性的な問題の積み重ねによる痛みと判断し治療を開始しました。

内臓の負担もとても大きく、今回の腰痛と関係が大きかったと思います。

腰の痛み自体は、3〜4回で軽減し、日常生活では気にならなくなるほどまで寛解しましたが、婦人科系の問題でも悩まれていたので引き続き治療させていただきました。

仕事を始めた頃からPMSや生理不順があり、半年ない時もあり問題としては複雑でしたが、良い結果になりホッと胸を撫で下ろしています。

男性の施術家には相談しづらい、問題ですがお困りの方は本当に多い問題だと思います。

様々なストレス、栄養状態、ホルモンバランスで起こる婦人科の問題。

Aさんも生活の指導や栄養の指導もおこない、しっかりと取りくんでいただけたのも早期の寛解に至った要因だと思います。

次のステップでの仕事を楽しんでくださいね。また何かあればご相談ください。



患者さんの声

窓が大きく、日の光がたくさん入ってくるので気持ちが落ち着きます。

先生は話をしっかりと聞いてくれて優しい雰囲気でとても安心できました。

こちらもあわせてお読みください

「ホームページを見ました」とご予約ください。 TEL 0120-075-251 現在通われている方の施術プランを、第一に考えていますので、ご新規の方は1日/2名様までとさせていただいています。 〒600-8493 京都市下京区 郭巨山町19 相生ビル5F-B  受付10:00~19:30 休院 日曜・祝祭日・水曜16:00まで 阪急烏丸地下鉄四条徒歩5分
メール予約受付は24時間対応しています。 メールで予約する

ページトップに戻る