No.007 腰のヘルニアで痛みなんかでない。

患者情報
40代
男性
会社員
初回来院
2016年14月
症状

腰の痛み
腰のだるさ
座骨神経痛

治療内容と経過

ヘルニアと診断され1日中コルセット着用、月に1〜2回の神経ブロックに頼る生活をなんとかしたいと紹介で来院。

1回目:今回の症例はクラシカルオステオパシーと手技のみで治療をおこなう。
循環不全を起こしているので循環(リンパ・肝臓)に対しての調整を主におこない、下肢のポイントになる腰の3番目の椎体の調整と腰部の神経に抑制をかけました。

2回目(3日後):ぐっすり眠れて、便が大量に出たと報告。痛みは軽減。
腰部の関節運動、脊椎の運動性も悪く、咳の中枢と言われる関節にも運動性の減少がみられたので、脊椎のアーチ(胸椎上部・胸腰移行部)に対しての調整。

3回目(3日後):腰の痛みまし、咳が気持ち減った気がするとの報告。コルセットを外していても怖さはない。
全身調整がクラシカルオステオパシーでは基本なので、全身を調整しつつリンパ・肺循環・構造的な問題を調整

4回目(1週間後):痛みはなし、だるい感じはある。コルセットの着用なし。
3回目まではスラスト技法などの調整は行わず、循環と脊椎の運動性を改善してきたが、いわゆる矯正をおこないました。肺・呼吸・咳に関係する胸椎の3番に対しての調整。

5回目(1週間後):腰の痛みはなし。コルセットもないしで仕事ができている。咳をする回数が周りがびっくりするぐらい減った。
首に対しての調整を加えた全身調整。

6回目(1週間後):痛みはなし。姿勢によってだるさは多少出るものの寝たら大丈夫。
全身の調整。咳と肺に対しての調整(解毒を目的)

7回目(2週間後):痛み・だるさともになし。咳はあまり気にならない。
全身の調整。咳と肺に対しての調整(解毒を目的)

8回目(3週間後)痛み・だるさともになし。咳はあまり気にならない。
構造的にも問題は減ったのでメンテナンスをご希望だったので予後を見つつ調整。
全身の調整。
9回目(4週間後)痛み・だるさともになし。咳はあまり気にならない。
もっと早くに来ていれば・・・と支障なく生活を送れていることを喜んでおられた。
全身の調整。以後はメンテナンスで定期的に調整を継続。

IMG_6626

同時に治療した症状

慢性的な咳

コメント

医療機関でヘルニアと言われて腰の問題を抱え、腰の痛みに怯えながら生活されている方は非常に多いです。

Nさんもそんな1人で、一生このままでコルセットしてブロック注射せなあかんのか・・・と悩まれていました。

ヘルニアになり神経を圧迫して痛みが出ているなんてことは医学的にほとんどありません。

仮に神経を圧迫しているなら痛みよりもまずは麻痺が起こる。という生理学的な説明から始めて調整し、痛みは5回で寛解。

その後も再発はせずに、ブロック注射・コルセットがなくても生活できるレベルに回復され喜んでおられます。

本人曰く、対した事ことしてないのに治るんやと職場で宣伝してくれているようでありがたいです。

ヘルニア=神経の圧迫。という古い概念は本当に患者さんのためになりません。

今回はクラシカルオステオパシーのみで治療をさせていただき、私としても大変勉強になりました。お力になれてよかったです。

患者さんの声

相談しやすく説明も丁寧で雰囲気もいいです。

こちらもあわせてお読みください

「ホームページを見ました」とご予約ください。 TEL 0120-075-251 現在通われている方の施術プランを、第一に考えていますので、ご新規の方は1日/2名様までとさせていただいています。 〒600-8493 京都市下京区 郭巨山町19 相生ビル5F-B  受付10:00~19:30 休院 日曜・祝祭日・水曜16:00まで 阪急烏丸地下鉄四条徒歩5分
メール予約受付は24時間対応しています。 メールで予約する

ページトップに戻る