No.009 長年の膝の痛み。私の印象はクマさん

患者情報
60代
女性
初回来院
2016年19月
症状

膝の痛み
歩行時の痛み
階段の上り下り

治療内容と経過

膝が痛い人いるし診てあげてくれる?とご紹介を受け膝の痛みかと思っていたのですが、意外と重症な女性でした。

この女性に対してはクラシカルオステオパシーという手技で治療をさせていただきました。

1回目:姿勢バランスの崩れ、下肢のバランスの崩れが顕著に見られ、立位では膝は常に曲がっている状態で、歩いてもらうと逆に膝は伸びきってしまい痛みのせいかビッコを引くような形でした。

治療内容としては膝が曲げられないのですが、できる範囲での下肢のバランス調整、上肢と胸郭のバランス調整を行いました。

2回目(3日後):歩行時の痛みが減少したと喜んでおられた。
治療内容としては膝はまだ屈曲位が取れないのですが、下肢のバランス、骨盤の調整、上肢と胸郭の調整と全身のbランスを調整

3〜5回目(4日間隔):随分と痛みなく歩けるようになり、痛み止めも飲まずの状態で本人も治るという兆しが見えて嬉しそうにされていました。
治療内容としては骨盤と背骨の動きをつけるように、下肢のバランス調整を主に行いました。

6〜8回目(1週間に1回):立位でも歪みの改善が見られ、身長が伸びたようと言われていた。
治療内容としては膝に対しの調整を行い、靱帯・筋肉の状態を調整及び全身の調整

痛みは軽減し、通常歩行ができるようになり膝の腫れも随分とマシになったが、治療は継続中です。

KIMG0681

同時に治療した症状

全身の歪み
肩の高さの違い

コメント

膝は20年前に関節ねずみのオペを内視鏡で失敗し、膝裏を開いて手術を行い術後からの不調でした。

関節内は圧力の問題、癒着の問題など複雑で、その複雑な問題で長年の痛みがさらに慢性的な問題を引き起こしている状態です。

彼女は医師に「もうこのまま治ることはない」と言われ続け、いろいろな療法を試してきて諦めていたらしいのですが、紹介で来院され治療を継続して受けてみると改善の兆しがあったので本当に喜んでおられました。

痛みの改善にともないエレベーターの前でこちらを振り返り親指を力強く立てられて私としてもお役に立てよかったなと思う症例でした。

治療としてはまだ継続して必要ですが、本人そして私も体の回復を信じて取り組んでいきたいと思います。

患者さんの声

クマさん

こちらもあわせてお読みください

「ホームページを見ました」とご予約ください。 TEL 0120-075-251 現在通われている方の施術プランを、第一に考えていますので、ご新規の方は1日/2名様までとさせていただいています。 〒600-8493 京都市下京区 郭巨山町19 相生ビル5F-B  受付10:00~19:30 休院 日曜・祝祭日・水曜16:00まで 阪急烏丸地下鉄四条徒歩5分
メール予約受付は24時間対応しています。 メールで予約する

ページトップに戻る