• HOME
  • 太ももの裏の痛み
  • 太ももの裏の痛み(ヨガを頑張ってハムストリングを痛める)のページ

太ももの裏の痛み(ヨガを頑張ってハムストリングを痛める)

iStock_000020787162_Small
  • 太ももの裏が痛くてストレッチができなくなった。
  • ヨガをしていてハムストリングを痛めた。
  • 太ももの裏がツパッて痛い。
  • 座っていると坐骨(お尻あたり)に違和感を感じる。
  • 半年以上太ももの裏が痛い。

こんな痛みでお悩みではありませんか?

痛みの中でも少し特殊な部類に入る太ももの裏の痛み。

この痛みで悩んでいる人ってとても多くて、ストレッチやヨガ(アシュタンガヨガ)をされている方からの相談を年間に10〜20人ほど受けます。

皆さん口を揃えて言われるのが、「急に太ももの裏の痛みが出てきて伸ばせなくなった!」とおっしゃられますが本当にそうでしょうか?

あなたもそうじゃありませんか?

このページでは病院や接骨院では対処してくれない(湿布渡されるか、電気をあてるかの治療だけ)太ももの裏の痛み(ハムストリング)の原因と対処法、そして当院の治療法をお伝えしています。

数ヶ月間〜1年間、太ももの痛みでお悩みの方は是非ともご覧ください。

太もも(ハムストリング)の裏の痛みの原因

  • ストレッチやヨガなどで負担をかけすぎてきた人
  • 柔らかいことがいいと思ってストレッチをしている人
  • 腰に痛みはないが、腰椎の湾曲が過剰もしくは減少してる人

この三つが一番多い原因ですが、太ももばっかり伸ばそうと骨盤部や腰部の機能が追いついてなくて、太ももの裏(ハムストリング)に対して過度なストレスをかけすぎた結果、筋肉や腱が傷つき炎症を起こしている人がとても多いです。
d0184002_0471596
あなたは「太ももの裏が痛い!」と感じるまでに違和感を感じているのにお風呂上がりにストレッチや「そのうちに治るやろう。」と甘い考えでヨガを一生懸命に頑張っていませんでしたか?

背筋を伸ばすことが正しいことだと思い、胸を張って背中をまっすぐにしていませんでしたか?

伸ばすことで柔らかくなり体の柔軟性がある方が健康な状態よ!何て考えていませんか?

ヨガの世界を深めていくために多少痛くてもポーズをとり続けて負担を負担と思わずに過ごしていませんでした?

そんな頑張り屋さんが知らず知らずのうちに太ももの裏の筋肉「ハムストリング 大腿二頭筋」を痛めてしまいやすいんです。

太ももの痛みの原因はハムストリングの損傷や炎症ですが、本当の原因は頑張りすぎなんですよね

ハムストリングの痛みは体の柔軟性が高い人に多い症状です。

でも心配なさらずに、痛めたからといってヨガを諦めたり、ストレッチを諦めたりする必要はありません。

さぁ次の項目で知らなかった体についてちょっと学んでみましょか。

太もも(ハムストリング)の解剖学と働き

この筋肉の代表的な作用は【膝を曲げる】という動作で働きます。

多くの方が太ももの前の筋肉を鍛えがちでハムストリングは伸ばすだけとい方が多いですね。
256_830c9d9a0f404ce1b3ae0791ee53ab8a
日本人は太ももの裏を鍛える人は少なく、柔らかくしすぎたり、繰り返し負荷をかけることで痛めてしまいやすいんです。
【補足としての作用】
骨盤側と下肢側のどちらかが固定されている場合の作用です。

骨盤側が固定された場合は、股関節を伸ばすです。

足を後ろに伸ばす感じですね。メインの動きではありませんが、ハムストリングは、股関節を伸ばします。

下肢側が固定された場合は、骨盤を後方に傾けるです。

腹筋で骨盤を傾けるのではなく、ハムストリングにより坐骨を引き下げることで骨盤を後ろに傾ける動きになります。

痛めた時の太もも(ハムストリング)のケア

痛みがあるのにヨガやストレッチをやっても治りが悪くなるだけです。

そんなことしてたらまさに火に油。痛みにストレッチです。

一番いいのはストレッチやヨガを「一旦、休むこと」

でも毎日の日課にしている人やヨガを極めていきたい人はどうしてもやるんですよね。

アホやな〜〜笑と思いますが、それだけストイックなんですよね。

しかしこの科学が進んだ21世紀では根性論では治りません。

そんな人向けに上記でも書いたハムストリングの作用を応用してハムストリングのストレスを少し軽減する方法を書いておくので参考になさってください。

京都にお住いの方は一人で治すより、治療をした方が早いとは思いますのでお気軽に相談くださいね。

ほとんどの人は風呂上がりのストレッチは座って片足ずつやることが多くて、ヨガの場合はシッティングでのポーズ※特にアシュタンガヨガをされている方はプライマリーシリーズは前屈の動作が多いようなので予防になると思います。

コツはヘソの上ぐらいを支点にして体を曲げていくことです。

えっ?それだけって思われるかもしれませんが、それだけです。

なぜかというとほとんどの人は前屈時に股関節を支点にして曲げるので、骨盤が前傾しハムストリングの起始部が過度に伸ばされてしまって痛めやすいんです。

読んでやってみても痛い人は、やり方が間違ってるか症状が悪化しているなので即、中止してくださいね。

あくまでもストレッチやヨガを休みたくないという考えの人向けなので。
【痛めている時にやったらあかん形】
iStock_000020787162_Small-2
支点が変わると骨盤が前傾しにくくなり、ハムストリングの伸長を防げます。

そうすることで筋健移行部の炎症や細い損傷も防げるので、無理せずに続けながら治癒に向かえますよ。

運動後にシャワーなどを使って幹部を少し冷やしておくのもケアにつながるのやってみてください。

太もも(ハムストリング)に対しての治療法

当院でもハムストリングの痛みに対しての調整はおこなっています。

慢性的に痛みがある方には運動の制限などをかけることと正しい骨盤とハムストリングの関係性をお伝えしていき負担を軽減していくように調整していきます。

炎症性の問題が主な原因の場合が多いので、場合によっては運動の中止なども指導していきますが、なるべくならヨガは休みたいくないという方が多いので動きの中での改善を相談しながら治療の計画をたてていきます。

治療としてはグイグイと揉んだり、ボキボキしたりすることはありません。

循環を改善していきハムストリングの炎症を抑えハムストリングや骨盤、股関節などの機能を回復を促し、関連する神経や骨格調整をおこない、治りを遅くしている原因を取り除くことで回復を早めていきます。

またこれが大事なんですが、負担のかかりにく体の使い方なども同時に指導し、再発の防止に努めていきます。
当院の施術
患者さん本人はある日突然、痛みが出て曲げられなくなった!と言われる方多いですが、そんなことはよっぽどじゃないとありえません。

こういった慢性的に負担がかかっての痛みは1回での劇的な症状の改善は難しい症状ですが、当院の施術で痛みが出る前の状態へと体を変化させていきます。

あせらず、あきらめずに痛みを改善していきましょう。

相談、治療をご希望の方はHPも御覧ください。

簡単なプロフィールです。

名前:平野秀一(ひらの しゅういち) カイロプラクターです。

親父が北海道、オカンが九州の出身で京都で出会い、私が生まれました。なので京都育ちですが京都人っぽくない沖縄の宮古島が大好きな39歳です。なぜか沖縄の人とよく間違えられます。

生年月日1978 5月28日 ふたご座 39歳です。

既婚者です。

この道に入って19年のキャリアです。信条は遊びも仕事も全力。

趣味:旅行(国内・海外)・野菜作り(20坪の農園で自家菜園)・キャンプ・料理・バスケットボール・銭湯巡り、神輿を担ぐ、クロスフィットトレーニングなど多趣味な男です(笑)

家族・友人・治療家の仲間を大事に想い、ご縁のある方を健康と考えている顔は少し怖いけど気は優しくて力持ちなカイロプラクター(カイロプラクティックを生業としている人)です。

日本カイロプラクティック医学会会員
マニュアルメディスン研究会会員
日本クラシカルオステオパシー会員
The Institute of Classical Osteopathy(英国クラシカルオステオパシー学会)
MICO(The Member of Institute of Classical Osteopathy 学会員取得)
日本カイロプラクティック師会 禁忌症講座受講
京都整体同盟(京都府地域力再生プロジェクト支援事業団体)
日本TFT協会 アルゴリズムセラピスト
ゼノバイオセラピー会員

click→烏丸カイロプラクティックセンター
問い合わせ

「ホームページを見ました」とご予約ください。 TEL 0120-075-251 現在通われている方の施術プランを、第一に考えていますので、ご新規の方は1日/2名様までとさせていただいています。 〒600-8493 京都市下京区 郭巨山町19 相生ビル5F-B  受付10:00~19:30 休院 日曜・祝祭日・水曜16:00まで 阪急烏丸地下鉄四条徒歩5分
メール予約受付は24時間対応しています。 メールで予約する

ページトップに戻る