• HOME
  • 生理痛(PMS:月経前症候群)
  • PMDD(月経前不機嫌性障害)って少ないけど参考になれば。のページ

PMDD(月経前不機嫌性障害)って少ないけど参考になれば。

7188598447_062d8a97f4_b

PMDD(月経前不機嫌性障害)ってなんやろう?

PMS(月経前症候群)のページでも書きましたがPMSに似た症状でそこからさらに精神面の症状が重くなったのがPMDD(月経前不機嫌性障害)です。

月経のある女性のうち3~8%がPMDD(月経前不機嫌性障害)の診断基準を満たしていると言われていて、この病気に気がつかずに悩んでいる人は大変多いんですよ。

PMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不機嫌性障害)は生理がある間のすべての女性に起こるかもしれない問題として考えられています。

なんでPMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不機嫌性障害)が起こるのでしょうか?

当院にもPMS(月経前症候群)の方はたくさんおられます。PMDDかな?という方も何人か診させてもらいました。

子宮や卵巣の問題や精神的なストレスが特になくても生理前には必ず幾つかの症状を訴えられています。現代の代表的な女性の悩みではないでしょうか?

あまり情報が少ないので参考になればと記事を書きました。京都市内で生理前のひどい不安感や感情の不安定でお悩みの方は読みすすでください。

PMDD(月経前不機嫌性障害)の症状は

◎強いうつ症状
◎悲壮感
◎不安感
◎緊張感
◎絶望感
◎感情をコントロールできない
◎他人にひどい言葉を言う
◎暴力的になる、無気力
◎物事を決断できない
◎仕事に集中できない
◎人に会いたくない
◎過食
◎過眠
◎不眠
◎体が膨らんでいる感覚

などを訴えられます。

PMS(月経前症候群)は精神的・肉体的な症状が多くありますが、精神的な症状が特に重くなって仕事など生活に支障が出るくらいの症状はPMDD(月経前不機嫌性障害)と診断されます。

症状が現れる期間はPMS(月経前症候群)と同じく生理の前ですが、個人によって3週間前から10日前からなどパターンが違います。

PMDD(月経前不機嫌性障害)のセルフチェック

PMDDのセルフチェックリストも紹介します。

  • 激しいうつ状態がになる。
  • 自己否定・自己卑下の気持ちが強くなる。
  • 不安や極度の緊張感を覚える。
  • 情緒不安定になる。
  • 急に悲しくなる。泣いてしまう。他人から拒絶されると傷つく。
  • 怒りの感情が長時間続く、すぐに怒る。
  • やる気がなくなる(家事・仕事・趣味)
  • 集中力がなくなる。
  • 激しい倦怠感・疲労困憊(ひろううこんぱい)
  • 過食・特定の食べ物を止められない。
  • 過眠もしくは不眠になる。
  • 自分自身の感情を制御できない。
  • 乳房の張りや頭痛・関節痛・体重増加などがある。

セルフチェックは完全な判断基準ではありません。ご自身の指標にしてください。

PMDD(月経前不機嫌性障害)の診断基準の紹介

まずPMDD(月経前不機嫌性障害)は過去1年間において、上記の症状が5つ以上があてはまり、その中で抑うつ気分、絶望感、自己卑下、不安、緊張、情緒不安定、持続的な怒り、怒りやい、他人との摩擦の増加のうち1つ以上があるというのが診断基準とされています。

またこれらの症状は生理がおまった一週間は全くなくなります。

もし生理が終わってもまったく症状が無くならない場合は精神疾患の可能性があるので注意が必要です。

PMDD(月経前不機嫌性障害)をはどこに行けばええの?

PMSで行われる低用量ピルなどによるホルモン療法はPMDD(月経前不機嫌性障害)にはあまり効果がないことから、PMSの治療を行ってもいまいち効果があれわれない時は精神科を勧める場合が多いようです。
pms_pmdd_kati_mortonmental_health-685x300
PMS(月経前症候群)は婦人科へ
PMDD(月経前不機嫌性障害)の場合は精神科

とされているのですが、自分自身でも判断がつきにくく、PMS(月経前症候群)かPMDD(月経前不機嫌性障害)かを医師でも判断が難しいようです。

PMS(月経前症候群)とPMDD(月経前不機嫌性障害)だと治療法が全く異なるので、安易に精神科を受診するのは薬が合わない場合もあるので避けたほうがいいです。

産婦人科の投薬治療や信頼できる徒手療法などでの治療もためされるといいかもしれません。

病院や治療院にかかる場合は電話で予約をする際にPMDD(月経前不機嫌性障害)も対応しているか確認をするようにしてください。

PMDD(月経前不機嫌性障害)の治療方法の紹介

PMDDの治療方法はSSIR(選択的セロトニン再取込み阻害薬)という薬を用いて行われます。カウンセリングでは顕著な効果は期待できないとされていますが、本当にそうなんでしょうか?私としては疑問視しているところですが、投薬治療にで処方される薬などを記載しておきます。

◉抗うつ剤(主にSSRI :selective serotonin reuptake inhibitor)
PMDDと診断されるとはじめに使用されるのがSSIRです。SSIRは抗うつ薬の一種でジェイゾロフト・パキシル・ルボックスの3つがあります。

一般的にはパキシルが処方されることが多いようです。

いずれの薬でもPMDD(月経前不機嫌性障害)の人の50~65%に効果があるとは言われていますが、100人いれば50人〜60人なので効果は50%とあまり高くないのが現状です。

副作用が10~20%の方に出るので副作用がきつい場合はかかりつけの医師や薬剤師に相談してください。

◉漢方薬
抗うつ剤には抵抗がある方は加味逍遙散(かみしょうようさん)という漢方も効果があると言われているので試されるのもいいかと思います。

期間は不明ですが加味逍遙散を継続的に飲むことによって30人中、14人にPMDDの症状がよくなったというオープン試験があるようです。これも50%の改善率です。

◉自立支援医療による補助
PMDDで病院にかかっても健康保険が適用されます。さらに地方自治体によって自立支援医療の対象と認められると、自己負担3割のところが1割の負担で済むようになるようです。

PMDD(月経前不機嫌性障害)はうつ?

女性は生理の時には男性の私が想像もつかないほどの変化が体の中でが起きています。

投薬治療に否定的な意見ではないのですが、問診⇨診断⇨投薬治療という図式に少し待ってみたらとうちの患者さんには伝えます。
images-9
もちろん生活に支障をきたす場合や緊急を要する場合は投薬や手術は必要です。

しかし、原因がはっきりとわかってないないのに「はい、これ飲んでくださいね」というのは違うのかなと思っています。

まず考えないといけないのはなぜ今この症状で悩んでいるのか?ということを忘れてはいけません。

今月の生理から急にPMSやPMDD(月経前不機嫌性障害)が始まりました?

違いますよね。

今の症状には必ず過程があって、そうならざるおえない生活習慣を経て、症状が発症し、悪化していっているはずです。

この記事を読んでいただいき、少し立ち止まって自分自身と向き合うそんな風になって頂ければ幸いです。

PMDD(月経前不機嫌性障害)の当院の治療
PMSもそうなんですが、基本的には潜在生鉄欠乏症などの可能性も考えられるので、栄養面と構造をサポートしていきます。

またPMSのページや副腎疲労症候群のページでも書いていますが、ホルモンバランスも深く関係しています。骨格・内臓・栄養のバランスを調整し健康を取りも戻すお手伝いをしていきます。

女性特有の問題なので、男性の治療はちょっと・・・

思われる方は信頼できる女性の鍼灸師を紹介しますので、お気軽にご相談ください。
症状ページ下問い合わせ

「ホームページを見ました」とご予約ください。 TEL 0120-075-251 現在通われている方の施術プランを、第一に考えていますので、ご新規の方は1日/2名様までとさせていただいています。 〒600-8493 京都市下京区 郭巨山町19 相生ビル5F-B  受付10:00~19:30 休院 日曜・祝祭日・水曜16:00まで 阪急烏丸地下鉄四条徒歩5分
メール予約受付は24時間対応しています。 メールで予約する

ページトップに戻る