• HOME
  • 冬うつ(季節性気分障害)
  • 冬になる特有のうつ病があるの知ってますか?のページ

冬になる特有のうつ病があるの知ってますか?

thumb

冬になると気分の落ち込みが毎年続く・・・冬になると眠気がひどいやる気が出ない・・・とお悩みではありませんか?

それはもしかしたら冬うつ(季節性情動障害:Seasonal Affective Disorder:SAD)かもしれません。

冬うつってな〜に?

ある季節にのみ、体のだるさや疲れやすさ、気分の落ち込みなど、うつ病に似た症状が出る、脳機能障害の一種であると言われています。

だいたい日も短くなり寒くなる11月ごろから憂うつな気分が始まり、3月ごろに治まるというサイクルを繰り返すパターンの方が多いのでそのために「季節性気分障害季節性感情障害季節性うつ病冬鬱病冬季うつ病ウインターブルー」などとも呼ばれています。

冬季うつ病に罹患する割合は通常のうつ病に比べると女性の方が男性に比べて3倍多いという統計も出ていて、男性には珍いタイプのうつ病です。

冬うつの特徴的な症状

  • 抑うつ症状
  • 倦怠感
  • やる気の低下
  • 昼間の眠気または過眠
  • 過食で体重増加
  • 炭水化物や甘い物を欲する

冬以外の季節では健康な状態であることが多いですが、夏うつもあるようです。

冬うつの原因は?

曇りの多い地域や日照時間が短い地域で起こる確率が高いために太陽の光に当たらないことが原因があると考えられているますが、ハッキリとしたメカニズムはまだ良く分かっていないところもあってまだ仮説の状態です。

仮説①太陽に当たる時間が空くなることで睡眠ホルモンのメラトニン分泌(夕方に増える)が低下し、体内時計が狂ってしまうこと。メラトニンは朝に日の光を浴びて減少するのですが、太陽を浴びる時間が短いとメラトニンが減少しづらく日中も眠くなってしまいやすい。

仮説②セロトニン(安らぎホルモン・神経伝達物質)が光の刺激が減ることで神経伝達物質が減り、脳の活動が低下してしまいうつ症状が出てくるセロトニンが不足するとイライラしやすかったり、集中力が保てなかったり、精神を安定させたりしづらくなります。

とメラトニンとセロトニンのバランスが崩れてしまって冬になると気分の落ち込みやうつ症状が出やすい状況になってしまうと考えれれています。

冬うつを自分で対策する!

まだ仮説の段階ですが、日光を浴びにくい方は冬うつなる確率が上がるといわれています。

今からでも対策は取れるので参考になさってください。

朝起きたら太陽の光を浴びよう!

人の体は2,500ルクス以上の光を浴びると、身体が朝を感知して体内時計(メラトニン減少)をリセットして体は覚醒モードに切り替わります。

冬になるとちょっと気分が落ち込むな〜という方は毎朝10分以上は朝日を浴びましょう!
happy-1-768x512

呼吸法でセロトニンを増やす!

まずイスに座り、横隔膜と腹筋が緊張してないリラックスした状態で息をすべで吐きます。

この時にお腹を凹ますように息を吐ききります。

息を吐ききったらフッと凹ましたお腹を緩めます。

これをワンセットとして毎朝行いましょう。

食事でセロトニンを増やす!

セロトニンはトリプトファンという体に必要な必須アミノ酸)から作られます。

トリプトファンとトリプトファンの吸収に必要な水溶性のビタミンB6精神の安定や集中力を高める働きのある水溶性のビタミン12も一緒に食事で取ると効果的です。

トリプトファンを多く含む食品:カツオ節、凍み豆腐、大豆、海苔、脱脂粉乳、シラス干し、ごま、マグロ、スジコ、プロセスチーズ、タラコ、肉類、納豆、そば、米、豆乳、ヨーグルト、牛乳、バナナなど
ビタミンB6を多く含む食品:マグロ(赤身)、レバー、にんにく、カツオ、鮭、鶏肉、サンマ、サバ、スモークサーモン、生ハム、イワシ、抹茶、ごま、黒砂糖など
ビタミンB12を多く含む食品:青魚(サンマ・イワシ・サバ)、カツオ節、イカ、貝類(シジミ・アサリ・ハマグリ・カキ・赤貝)、レバー(牛・豚・鶏)、海苔、卵、牛乳など
freshfish
一人暮らしの方などは、どうしても外食が多くなり、自分の好きな物ばかりを食べがちです。

食事はバランス良く食べるようにするのも健康を維持する秘訣です。

カレーでストレス減らす!?

脳科学者の茂木先生がカレーはストレス解消に良いということを発見されたそうです。

ストレスがかかっている状態とは、血管が収縮し循環が滞っているた状態です。体が循環不全になると「活性酸素」が血液中に溜まってしまい様々な疾患の原因になるんです。

なぜカレーがストレスや冬うつにいいのか?

それはカレーのスパイスのターメリックに含まれている「クルクミン」が血液の循環を活発にし、活性酸素などを取り去る効果があると言われています。

朝カレーとか一時は流行りましたが、朝からカレーもあながち間違ってないのかもしれません。

料理にターメリックを使った一品を添えるのもストレス対策になるのでお試しください!
ef490c7b49056a03da223eda59acbdf2-600x400

腸内環境と冬うつの関係もあるんです。

第二の脳と言われている腸の環境も精神的な問題に大きく関わっていることが、最近の研究でわかってきました。

腸の環境を大きく崩すのはまず砂糖の製品を多く取られている方です。

清涼飲料水や甘いパンやチョコレートを毎日嗜好品として食べている方は注意が必要です。そういう方に限って便秘や下痢を繰り返したり腸の消化吸収の機能が衰え腸内環境もよくありません。

また小麦製品(パン食やパスタ)なども腸の消化に問題を引き起こしやすいです。

朝は甘い菓子パンや昼夜は簡単なパスタかな?なんて方も多いですよね?

もし冬になると気分が沈むやうつっぽいという方は食事からグルテンと砂糖を減らしていくのも改善の助けになるので参考にしてください。

冬うつと自律神経の関係

冬うつは食事や日照時間などの問題もありますが、自律神経の働きも大きく関わってきます。

整体やカイロプラクティックで自律神経を整えて、腸の働きも整えることで快適に冬を過ごせて、元気に春を迎えることができます。

また頭(頭蓋骨)に対しての調整も受けることでセロトニンが出やすい環境を作ってストレスの軽減を行うと効果的です。

当院では自律神経に対しての施術も得意としており、対応していますのでお気軽に相談してくださいね。

カイロプラクティックってどんな調整するん?

当院では西洋医学のように局所的な状態を変化させる考えとは、異なり体を一つと捉えて症状の原因となっている問題の解決に取り組んでいきます。

冬うつなどの症状の方には自律神経の安定を目的とした施術と血液循環の働きを良くしていくことを主にした調整です。

またマッサージや接骨院のようにグイグイと揉むだけやボキボキしたりストレッチしたりの骨盤矯正だけなどのその場だけの調整じゃなく効果が持続していくように一人一人の体の状態に合わせて調整を行っていきます。

特に当院の調整方法は自律神経の問題に対して調整を得意としており、京都でも数少ない機能神経学を用いた神経に働きかける調整も行っています。

小さなお子様からご年配の方まで皆さん、健康維持、増進のために来院されているのでご安心ください。
当院の施術
その他、栄養の指導なども行いながら、毎年悩まれる症状の再発防止などでもサポートしているので、投薬治療を続けていた方などにもっと早く来れば良かったと皆さん喜ばれています。

整体やカイロプラクティックはグイグイ揉まれたり、ボキボキされたりというイメージをもたれている方もおられますが、当院の施術では無理な力を加えて行うことはないので、その点も安心してご相談ください。

冬うつはほっておいても春になると楽になるので見過ごされがちですが、生活に支障が出るぐらい症状がきつい方または自分ではどうしていいかわからない方は調整が必要になってきます。

一緒に健康な体にしていきましょう!
問い合わせ

「ホームページを見ました」とご予約ください。 TEL 0120-075-251 現在通われている方の施術プランを、第一に考えていますので、ご新規の方は1日/2名様までとさせていただいています。 〒600-8493 京都市下京区 郭巨山町19 相生ビル5F-B  受付10:00~19:30 休院 日曜・祝祭日・水曜16:00まで 阪急烏丸地下鉄四条徒歩5分
メール予約受付は24時間対応しています。 メールで予約する

ページトップに戻る