• HOME
  • 産前産後の調整
  • 産後の朝起きた時の腰の痛みのページ

産後の朝起きた時の腰の痛み

産後って色々と体の問題が起きて、育児が辛い・・・と悩まれている方も多いです。

まずは当院でケアをされていたお母さんの声をご覧ください。

初産でしたが超安産でした
女性 京都市 腰痛 妊娠、出産においての体の調整

KIMG0573

初めて来院しずっと痛かった腰の原因が昔に手術をしたところだと聞いてびっくりしました。

マッサージも整形外科も接骨院でも良くならなかったのに、通い始めたからしばらくして全く痛くなくなりました。

腰をよく使う仕事ですが、その後も通っていて症状は出なくなりました。

ここに通い始めて一年で念願の子供を授かることができ、また妊娠中も体に配慮していただきながら調整してもらったおかげで、つわりも腰痛もなく、初産でしたが超安産でした。

施術もいつも全く痛くなく、心地よいもので身も心も和らぎました☺️

平野さんもとても穏やかでいい人です。

こんな感じで妊娠中から調整させていただいている方はそんなに問題は出ないのですが、あまりケアをされていない方などは出産後は何かと体に痛みや疲労を感じて育児に影響が・・・と相談を受けることが多いです。

もし産前産後の体に不安があるのなら痛くなる前に対処しておくといいですよ。

京都市 下京区で妊娠中、出産後の体を調整できるところをお探しでしたらご相談ください。
産後腰痛
こんな体の不調でお悩みではありませんか?

  • 朝起きたら特に腰が痛い・・・
  • 起きてから昼ぐらいまでは動けない・・・
  • 腰の痛みで目が覚める・・・
  • 股関節の痛みで歩きにくい
  • 骨盤周辺に痛みを感じる

産後の腰痛の原因

産後に起きやすい腰痛の原因は骨盤の歪みだけちゃうの知ってますか?

もちろん広がった骨盤が元に戻るまでの間は、骨盤は不安定な状態です。

でもそれだけで腰の痛みが起こるからといって骨盤矯正せなあかんで!となるのは体の専門家としてはちょっと違うと断言しておきます。

産後の腰痛の原因としては赤ちゃんがお腹にいるときの状態によっても変わってきます。

お腹が大きくなることで肝臓や腎臓などの臓器も圧迫を受けているので、内臓の機能も低下している状態ですし、腸の働きも大きく関係してきます。また左の仙腸関節や股関節にも負担がかかって痛みをを誘発する可能性もあるんです。
500x0_5625aab5-7a68-4dfd-97c7-62a90a01035c.jpg
通常なら元気な状態に戻って育児を楽しめる体に戻るのですが、何らかの症状が出ているようなら痛みや疲労を引き起こす原因が体に潜んでいます。

産後の腰痛といってもただの骨盤の歪みで片付けてしまうと、慢性化して問題がこじれる場合もあるのでしっかりとした鑑別が必要になってきます。

産後の腰痛の対策

先ほども書きましたが、しっかりとした鑑別が必要になってきます。

  • 動ける範囲で動く
  • 授乳の体勢や姿勢を気をつける
  • 骨盤ベルトで締めすぎない

その鑑別によっては骨盤ベルトなどは逆に骨盤が元に戻ることを妨げてしまうことになるので当院では100人の産後のお母さんがいても100通りの対策が必要だと考えています。

産後に腰痛になってしまって、病院の先生に相談しても骨盤ベルトだけのケアしか受けれない方や痛みが2週間から3週間経っても治らない場合はお近くの専門家にご相談ください。

産後に自分でできること

今は昔と違って共働きやけど、育児は早く帰宅するお母さんがメイン、ご飯の用意も家事もしつつ育児をするということは普通の仕事してる人よりも3倍は疲れます。

そんな疲れた状態で、構造的に負担のかかる抱っこや授乳のやり方などは気をつけるべきです。

どうしても腰を反らして骨盤に乗せる方法をとる方も多いのですが、それだと腰の筋肉や骨盤の靭帯に負荷がかかってしまい腰を痛める原因にもなります。

体を正しく使えば負担は減るのでこちらのサイトを参考になさってください。

私が所属する京都府府知事認可 京都整体同盟のサイトです。

GENKI PRESS

正しい抱っこの方法を説明しているのご覧ください。

産後骨盤矯正の本当のトコロ

最近でもまだ骨盤矯正や産後の骨盤矯正と宣伝している治療院がありますね。

しかしなんでもかんでも骨盤のせいにしていても体の痛みや症状はとれません。

確かに骨盤は背骨の土台ですが、全てをバランスしているとは言えません。骨盤の下には股関節もあれば、膝間接、足関節もあります。

また骨盤の中には子宮・膀胱や腸などの臓器やそれを止める靭帯や筋膜が存在しているので、骨盤という関節だけを調整したところで他の問題が残っていればまた歪みます。
股関節解剖-300x204
わかりますか?

原因となる他の問題が解決されなければ意味がないのです。

接骨院やマッサージなど局所的な処置だけだと今後の体の問題を複雑にしてしまいます。

当院の産後の腰痛の治療

産後のお母さんの調整は1ヶ月後から受けていただけます。

産後のお母さんの調整で大切なことはしっかりとした鑑別をおこなうことです。

仙腸関節の問題?内臓?股関節?と検査で鑑別していき、症状に合わせた調整で痛みを緩和していきます。

ボキボキしたり、強い力で揉みほぐすようなことはせず、西洋医学の局所的な処置などとは異なった考えのもと基礎医学の生理学、解剖学な知識に基づいた調整なので安心してお越しください。
当院の施術
また抱っこの仕方や体を痛めにくい使い方などの指導もしております。

小さな赤ちゃんは床に毛布があるのでそれをひいて寝かしておけるスペースもあり、ベビーカーをそのまま入れていただいても構いません。

元気に動くお子さんでも危ないものはないのでその辺うろちょろしといてもらっても大丈夫なので、一緒にお越しください。

うちへ妊娠中から調整を受けられている方は痛みなどはあまり出ない方が多いのですが、それでもなれない生活で疲労が溜まったりされている方も調整にお越しいただければと思います。

料金表 問い合わせ
「ホームページを見ました」とご予約ください。 TEL 0120-075-251 現在通われている方の施術プランを、第一に考えていますので、ご新規の方は1日/2名様までとさせていただいています。 〒600-8493 京都市下京区 郭巨山町19 相生ビル5F-B  受付10:00~19:30 休院 日曜・祝祭日・水曜16:00まで 阪急烏丸地下鉄四条徒歩5分
メール予約受付は24時間対応しています。 メールで予約する

ページトップに戻る