• HOME
  • 肩こり 首のこり 頭痛
  • 肩こりと姿勢のお話のページ

肩こりと姿勢のお話

肩こりが慢性的に辛くて・・・なんて方のお話を問診で伺っていると皆さん同じ姿勢なんですよね。

それは『背筋をピーン!と伸ばして胸を張る』姿勢です!

そう。普段から皆さんが気にしている丸くなった背中を内側に入っている肩を開く姿勢。

肩こりが慢性的に治らないって人は立っている時、座っている時、歩いている時にこの姿勢をとっていることが非常に多いです。

この姿勢は自分自身で作っている姿勢ですよね?

それは胸を張って、背中をまっすぐにして常に筋肉を使っている状態です。

そりゃそんな姿勢やと呼吸も浅くなって筋肉に行く酸素も減って酸欠になるし体のこと勉強している私から言わせてもらえれば疲れます(笑)

そんな疲れる姿勢が体にいいと思いますか?

体に良い姿勢は自然な状態を保っていることです。

まぁほとんどの方が生理学的に正しい姿勢をお伝えしても『これって背中丸くなって猫背ちゃいます?』て言われます。

肩こりを予防するには体を動かしたり、栄養面の注意も大切になってきます。この姿勢は猫背じゃありません。

胸を張って体を緊張させている体はどんないい治療を受けてもそこが治らない限りずっとそのままです。

肩こりの意外な話

肩こりにも種類があって、ガチガチに固まっているタイプフニャフニャやけどコリを感じるタイプ肩こりは感じてないけど筋肉の緊張はあるタイプと3つに大きく分けられます。

肩こりを感じている人にとっては肩こりを感じていることが大きな問題ですが、実はそれってさほど大きな問題ではなくて、原因がどこにあって体にそのような状態を作っているということが大切になってきます。

例えば女性の方ですと、生理前に腰に鈍痛を訴える方がおられますよね。あれって骨盤の中にある子宮などは痛みを感じにくく、その痛みは神経を介して腰部にある関連する部位に痛みを引き起こしているんですよ。

この場合は子宮の働きや機能を正常にしていくことで生理前の腰痛は改善されいきます。

肩こりに関して言えば、肩こりは症状っていう結果です。

結果を揉みほぐしても治るわけもなく、そこばかりに意識が行くと時間とお金も余計にかかってしまいます。

カイロプラクティックではどうやって肩こりを診てるん?

カイロプラクティックでは肩が凝ってしまった結果を、よくしていくためにほとんど幹部を触ることはありません。

マッサージ慣れしている人は物足りないのは重々と承知していますが、『結果=原因』ではないんですよ。

無理な姿勢で肩こりになってしまっている人は、まずは肋骨や腕の筋肉などの構造的なところの問題を解決し循環の改善と神経の興奮などを穏やかにして無意識に力が入ってしまっている体の緊張をほぐす必要があります。

もちろん他の腰痛や頭痛やめまいなども、結果なので同じことが言えますが問題はひとそれぞれ違うのでこうしたら治る!っていうものはありませんが、しっかりとした治療を受ければきっと良くなりますよ。

肩こり一つとっても、体からの『どっかが悪なってまっせ〜』っていうサイン。

ずっと悩んでてもしゃーないから、早いうちに治してくださいね〜。

京都市内で頑固な肩こりを良くしていきたい!そんな方は是非、当院へお越しください。

「ホームページを見ました」とご予約ください。 TEL 0120-075-251 現在通われている方の施術プランを、第一に考えていますので、ご新規の方は1日/2名様までとさせていただいています。 〒600-8493 京都市下京区 郭巨山町19 相生ビル5F-B  受付10:00~19:30 休院 日曜・祝祭日・水曜16:00まで 阪急烏丸地下鉄四条徒歩5分
メール予約受付は24時間対応しています。 メールで予約する

ページトップに戻る